給与

労働基準法では、第4条において「使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない」と規定されており、女性であるからといって、給与について男性と差別化することは禁止されています。

給与

年次有給休暇、いわゆる「有給休暇」は、 給与の支払いを受けながら休暇がとれるという制度で、労働基準法によって定められており、有給休暇中の給与の支払方法については以下の3つが決められています。

平均賃金を支払う
所定労働時間 ...

給与

年次有給休暇、いわゆる有給休暇というのは、給与の支払いを受けながら休暇を取れる制度のことで、有給休暇の付与される要件や付与日数などは労働基準法でしっかりと定められています。

基本的に会社は、雇い入れの日から6か月間継続して ...

給与

給料明細をみると1番最初に目につくのが「基本給」。

基本給というのは、一般的に「本給」「職能給」と区分されることが多く、本給は、年齢給・勤続給など属人的な意味合いの強いものとなっており、職能給は、 個々の職務遂行能力に応じ ...

給与

休業の場合、勤務者は会社に対して労務を提供していないわけですから、会社側はお金を払う義務はありません。

しかし、年次有給休暇ともなるとその文字どおり「有給」となるわけですから、お金を支払う必要があります。

支払いが必 ...

給与

労働契約というのは、労働者が使用者に対して労務を提供し、その対価として使用者が賃金を支払うという約束ごとなので、欠勤、遅刻、早退などのような労務の提供がない 労働日や所定労働時間がある場合、使用者が労働者に対して賃金を支払う義務はあり ...

給与

日本では、働き方改革などにおって、年間総労働時間は減少傾向になっているとはいえ、まだまだ数字に表れていないところではサービス残業や貯時間の労働が改善されていないのが実情なのではないでしょうか。

ここでは労働時間と休憩などに ...

給与

従業員が安定した生活を送るためには、労働に対する対価としての給与を確実に受け取るしくみが必要で、そのため、労働基準法では、会社に対して給与を支払う際、5つの原則を義務づけています。

労働基準法に定められた5原則原則1 通貨で支払 ...

給与

給与というのは、賃金、報酬、手当、賞与などと言われることもありますが、いずれの場合でも基本的な意味は「労働の対価として使用者が労働者に支払うもの」です。

さてこの「給与」、法律によって呼ぶ名称が異なっていて、最低の労働条件 ...